短気は損気

某韓国料理店から貰っていた食事券の有効期限が迫っていたこともあり、母の日に母親を連れて韓国料理店に行ってきました。ここはもうかれこれ20年近く通っているお店です。

その日、母親とは11時頃に待ち合わせていたんですけれども、私が家を出た10時過ぎあたりに「ごめん今起きた」というラインがきて、私はプンプンしながらとりあえず実家へと向かったのでした。

私自身は、よほどの事情が無い限りは人との待ち合わせには遅刻したことは無いんですよ。だけど母親と、あとひとり旦那においては昔から何だか時間にルーズでして、特に旦那においては1時間もしくはそれ以上伸ばしてくれとか毎回でした。長いこと大目に見続けた末にブチギレて説教してからは極端な遅刻は無くなった印象でしたが・・・。

だってその時間に合わせて相手は起きるし、準備をします。その努力をいとも簡単に挫くのは、たとえ家族でも許し難いところはあるよね。

さて、プンプンしながら実家へと向かう途中で、晴天と爽やかな風に誘われて運動公園を少し歩くことにしました。中体連や高総体などで応援で通った思い出も色濃く染みついているこの場所。

中学の頃は、前半でしたがバトントワリング部に入っていたこともあって、この体育館にもよく通っていました。ワンスピンが上手だと褒められた。先輩による後輩いじめが無かったら卒業まで続けていたと思うんですよね。バトン自体は好きだったから。バトンは今でも部屋にあって、たま〜に気が向けばトスやってます。

運動公園での最大の思い出と言えば、たぶん中体連での野球部の応援。2年間好きだった男の子がエースだったんですよ。

学業成績も学年で1位だったのに加えて背番号も1っていうね・・・なんかもうレベルがかけ離れ過ぎた人に恋をしていました。2年と3年は同じクラスで、席も前後だった時もあって、給食のデザートは当たり前のように譲っていたし、ほんと好きだったんですよ(笑)

自分と同じく第二次世界大戦史に関心を持って、よくその話で盛り上がっていた男子も野球部だったんですけど、どうしてか彼には恋心は芽生えませんでした。「耳をすませば」でいうところの杉村に対して、そのエース野郎は天沢みたいな物静かな人だったんですよね。

卒業する時に、友人が「最後なんだし今までの思いだけでも伝えなさいよ」と強く背中を押してきてですね、こっそり手紙を忍ばせるという形で告白をしてしまったら、高校に上がってから通学でバスが一緒だったんですよ。全く想定外で、こっちも気まず過ぎてバスの時間ずらしたりして、関わりは無かったけれども。

という・・・いろんな懐かしい思い出を走馬灯のように振り返りながら運動公園を歩いていたら、母親の寝坊とかどうでも良くなって、その後はお互い気分良く韓国料理を食べることが出来たというお話。

会計時に言われるがまま福引のガラポンを回したら、なんと金の玉が出てきて全額返金をいただきました。4千円くらいだったんですけどね。

その2日くらい前にも会社の自販機でルーレットが当たってもう1本ジュースをゲットしていたこともあって、喜んだ反面で、だけどこういうところで無駄に良運を使いたくないという複雑な思いもありました。

これまでを振り返ると、普段はくじ運なんて一切無い代わりに、ここ一番大事だと思った場面では上手い具合に救われることが多々あったからです。




GW前のことだったのですが、旦那と大喧嘩をしていたんですね。

きっかけは本当にくだらない些細なことでしたが私のほうが過剰にヒートアップしてしまって、怒鳴ったり物に当たったりしてしまったんです。物に当たると言っても、数回ドアを強く閉めた程度。旦那はひたすら沈黙を貫くという状態でした。

一週間近く、口も利かない顔も合わせない家庭内別居状態が続いて、それが本当に精神的に苦しくて、何を食べても味がしなく、何をしても気が晴れずで、最終的には自分が悪いと思ったから謝罪をして、まあ和解できたんですけど、もうこんなのは二度とゴメンだと思いました。

「短気は損気」という古くからの言葉にもあるとおりで、キレても解決はしないどころか状況がより悪化するだけで、相手を傷つけて、結局は自分も傷ついて何も得るものは無いんですよね。

自分けっこう短気なほうでして、若い頃は親からも友人からも、時には都度の交際相手たちからも言われたことがあったんですけれども、それでもある時期を境にだいぶ落ち着いて快方へと向かっていたんですよ。だけど夫婦間ってなるとやっぱり綺麗ごとでは流せないことも多くてね。

我慢し続けることもまた違うので、夫婦喧嘩だけはこれからも時折あるのかも知れないけれど、だけどそんな中でもね、旦那に対しても怒るのはやめたいと思いましたよ・・・。今回ほんとに可哀想な思いをさせてしまったので。布団から出てこなかったもんね。

何より物に当たるのが良くないなあって。旦那からもそれを改めて指摘されて・・・。

親友は元カレの前でちゃぶ台返しをしたことが決定打となって「お前は星一徹か?」というツッコミとともに別れを告げられたという、笑ってはいけないが笑ってしまうエピソードもありましたので、女性は男性の前では、とりあえず物には当たらないほうが良いと思います。

何でも2度目の


危うくも、メンタルのほうで2度目のドクターストップがかかりそうな旦那。

人生このまま社畜で終わるのかという絶望と、糸が切れていつ会社を辞めることになるかも分からないという将来的な不安から、近いうちサイドビジネスを始めようと旦那が群馬県のほうに土地を購入しまして、この連休を利用して2人で見に行ってきました。

もともとは仙台あたりで探していたのですが、結局のところご縁が無かったというか、希望に沿うところがうまく見つけられず、遠く群馬のほうで始めることになったわけです。

ビジネスを始める前に、まずは残されたままである建物の撤去をしなければなりません。個人事業を営んでいた建物で、その事業主は数年前にお亡くなりになられており、内部も物が散乱、放置されたままの状態でした。

事務所が2階にありまして、先に旦那が上がっていき、それに私も続こうとした時のことだったんですけれども、膝から下がもう何かに撫で回されているような感じがして一時上がれなかったんですよ。ただの階段なんですけど、まるで草原の中を歩いているような、異物感が凄かったんですね。

ようやく階段を上がり切って事務所に入りましたら、そこには業務に関わる大量の書類や冊子と家財のほかに、事業主と思われる人物の若かりし頃の写真やネガまで大量に放置されたままだったんです。「ああ、これかな?」と思いました。

これは推測ですが、この亡くなった事業主が賃貸物件か何かに住んでいて、退去整理にあたり遺品や粗大ゴミなどの処分に困ったものを、誰かがとりあえずここへ運んだものと思うのです。

はじめ旦那は自分で片づけられるところは片づけたいと言っていたんですけれど、こういった経緯から私はそれに反対しまして、内部の片づけも全て専門の業者に依頼することでとりあえず納得してくれました。

人口減少が進むこの国では空き家問題が年々深刻化しているため、こういった状況もまた避けられないのだと思います。私たち夫婦も今のところ子供がおりませんし、他人事ではないですよね。

土地を見た後で、かねてより興味がありました珍宝館へ行きました。

あの館長さんの話ときたら、それはそれは照れくさく、いちおう上品に口もとを覆いながらも腹底から笑うことが出来ました。

うちは既にセックスレス状態で、めでたいかな自分にも性欲が無いから特に悩むといったことも無く、これはこれで快適な毎日を過ごしているんですけれども、だけど行って良かったなあって思いましたね(笑)




せっかく北関東を訪れましたので茨城県のほうへも足を運んでみました。自分の先祖がもとは茨城の人なので、全く関係の無い土地でもないから自分としても感慨深いものがありました。

これは小学生時代の出来事だったのですが、当時仲良くしていた友人の親から「ギルドちゃんのお父さんは何をしている人なの?」と尋ねられ、母子家庭であることを隠していた私はとっさに「お父さんは茨城に出稼ぎに行っている」と答えたんですよ。

あの時は本当に適当に答えただけだったんですけど、成人してから父方の先祖が茨城からきているという話を聞かされて非常に驚いたことがありました。私についてくれている守護霊様が父方4代前の女性だと教えて頂いたこともあって、とっさに答えた背景にはそれも関係があったのかなと思っています。

茨城を訪れたのはこれが2度目で、まだ二十歳そこそこだった頃に当時交際をしていた元カレが大学を卒業して茨城の原子力会社に就職をしたので、その関係で訪れたことがありました。結局はいろいろあって破局になってしまったけれども、もしあのまま彼に嫁いでいたら、今ごろ私は懐リッチな夫人だったのではないかと思いますね(笑)

原子力会社って給料が高いですから。入社してから幾ばくも経たないうちに彼が「貯金が300万貯まった〜」とか自慢こいてましたからね・・・。

旅のあいだ、旦那が持っていた株主優待券を使わなければならないという桐谷さん状態の事情から、ほぼ毎食肉料理と言ってもいいくらい肉料理を食べていたんですよ。

それに付いてくるサラダもしっかり食べましたけれど、こうも肉料理が続きますと、体はしっかりとノーサインを示してくれるんですね。

もうとにかく和食・・・自分で作った味噌汁が飲みたくてどうしようもなくなり、帰宅後は着替えもしないで台所へ直行。味噌汁を作り、魚を焼いて、冷蔵庫から納豆を出して、貪るように食べたのでした。




「ろぺのあとりえ」のろぺさんから、またしても絵を購入してしまいました。

普段は物欲ってほとんど無いんですけれども、今回はちょっと我慢できなかったかな・・・。まあ、たまには自分のためのお買い物も良いですよね。

だけど、もうこれ以上は買わないつもりです。置くところに困るもの。今のところ円卓に2作品どちらも置いてるんですよ。どちらもお気に入り過ぎるので。さすがにもうこれ以上は置けないし、円卓以外に置きたくもないという、変なこだわりもあって。

同封されていた手紙に「ギルドさんお久しぶりです。アオちゃんのことは大切にしてくれていますか?」と書かれていて、いやいやいやあああああ円卓に置いて毎日見ているよおおおおおって、手紙を読みながら一人しんみりとしておりました。

10年


こちら近所では、今が桜の見ごろでございます。

大昔より日本人の遺伝子にどこか組み込まれている花。木の下に立って風に舞う花びらをぼんやりと眺めていると、しみじみ「ああ日本人だなあ」って思いますね。

ついで、旦那が家の裏に植樹した桃の木も花を咲かせました。丈がまだ私の腰ぐらいなんですけれど、植樹したのが2022年の6月で、私がこの家に越してきたのと同時期だったということもあり、いろいろと思うことがあって仕事終わりに一人花に話しかけていました。

去年だったかな。りんごの木に、一個だけ実が成ったんですよ。自宅でりんごが成るっていうのが、どうにも不思議な感じがしました。私はちょっと食べる自信が無くて旦那に譲りましたが、普通に「ふじだ」と言って食べていました。




どうやら、使用している一眼デジタルカメラが壊れてしまったようです。これは2台目で、前回も今回も中古で購入したものだったのですが、何だかんだ10年くらい使ったと思うんですよ。

去年カンボジアに行った時に、あまりの多湿で初めて調子が悪くなったんです。レンズと本体がうまく接続できなくなってしまって、現地では撮れるところは一眼で、無理ならスマホでという感じで、取っ替え引っ替え忙しく、最後は疲れ果ててスマホだけで撮っていました。

おそらくカビが原因で、修理に出せば直るかも分からないけれども、以前カメラさんから「修理には何万もかかるからいっそ新たに買い直した方が良いかも」と教えて頂いたこともあって、今ちょっと悩んでいるところです。買うにしてもまた中古だと思うんですけどね・・・。

スマホもね、今ではカメラの性能が格段に向上して見事な写真が撮れることは撮れるんだけれども、一眼で撮る写真と・・・なんていうのか柔らかさが全く違うんですよ。写真を拡大した時に、差が歴然なんですね。

この10年、相棒を勤めてくれた2台目カメラに感謝しています。1台目も処分することはなく部屋の棚に飾っているので、この2台目もそうなるのかな。




私は醤油だけはこだわりを持っていて、醤油のみ地元の老舗で買っているんですよ。この醤油を覚えたら、これでないと味が決まらなくなってしまったのです。

明治30年創業の老舗ということもありまして建物もたいへん古く趣のあるものでございます。

母親は、ここで醤油のほかに味噌も買っているそうな。

もうかれこれ10年ほど通っているお店なのですが、最近、大旦那のお爺さんが亡くなってしまいました。前回買いに行ったときは、歩きはよたよたながら元気な印象で、この建物の歴史を話して聞かせてくれたりもしていたんですけどね・・・。もう90代も半ばだったそうです。

これまた10年という歳月を経ての、ひとつ別れでありましたね。美味しい醤油をありがとうと、心の中で伝えています。

クラウン


西日に照らされると、どうも薄ぼんやりと見えてくる風景があって、立派な門柱と、その奥に白い建物が見えるような気がするのですが、集中しても判然としないまま、もう何年も経ちます。

辺りは緑に包まれていて、それが学校なのか軍事施設なのか、あるいは病院だったりもするのかは分からないですが、少なくとも今この時代のものではないなと。

それともう一つ、部屋の中が見えました。窓際に座卓があって、たぶん本と一輪挿しが置いてある感じなんですけど、あまりにシンプル過ぎて間借りでもしているような印象というか。

これまで工場だったり、木造校舎だったり、山を登っている軍列だったりの風景をハッキリと見たことがあったんですけど、のち追加で見えてきた風景がこの2つ。これ以上は集中しても今のところ見えてこないです。




「ザ・クラウン」のファイナルシーズンを見終えました。

エリザベス女王が崩御するところまでがしっかり描かれているのだろうと思っていましたが、そうではありませんでした。けれど見終えたあとで、あの終わり方で納得できた感じです。

あんな揃いも揃って実物に似た俳優陣がいたもんだなあって感心しましたし、演出もテンポも加減が丁度良く、内容も濃厚で、非の打ち所がない見事なドラマでございました。

現在勉強中のイギリス史のほうでは、第二次世界大戦が終結して時代は冷戦に入っていくところで、延いてはエリザベス2世の治世に入っていくんですけれども、彼女は私自身もリアルに知っていた王様ということもありますし、このドラマを見終えたあとですから感慨深いものがあります。

子どもの頃って、ただ王様が羨ましいと思っていたんですよね。贅沢ができるとか、威張れるとか、たくさん宝石に触れられるとか、そういった表面的なところしか分からなかったから。今じゃ例え譲られてもなりたくないものです(笑)

今は亡きエリザベス女王に、改めて「お疲れ様でした」と言いたい。

第二次世界大戦下では、日本という国がだいぶ世界的に邪魔になっていた感が、読んでいる本からもひしと伝わってきます。

ドイツが降伏して「残るは日本のみ」みたいに書かれていて、読んでいて何だか申し訳ない気持ちになりました・・・。

あひるの湯


カルディで売っている担々麺の素が好きでちょくちょく食べているのですが、クックドゥの四川式マーボーの素も好きで、自分の口には四川寄りの味付けが合っているのかなあと改めて感じました。

和食を除いては、西洋料理よりも中華だとか韓国などの東洋料理のほうが好きな傾向にあって、幼い頃より今でも一貫して変わらない一番の好きな料理が八宝菜なんですよ・・・。それも、母親が作る八宝菜がすごく好きで。

店でも頼まないし自分でも作らない、母親が作った八宝菜のみ食べるという徹底ぶりなのですが、いかんせん材料も手間もかかる料理なので母親は躊躇ってしまうんですよね。だけど、たまにのっこりと作って持たせてくれます。感謝感謝。

先日、昼はカルディの担々麺を、夜は材料が揃っていたからルースー飯を作って食べまして、その日は中華三昧でした。




職場の同僚数人と日帰りで不老不死温泉のバスツアーに行ってきました。県内とは言え津軽地方にはこういった機会でもなければ行くこはないです。

当日は残念ながら悪天候で、強風と横殴りの雨に打たれながらも、それでも絶壁の下の露天風呂まで行かないと気が済まないということで絶叫しながら入ってきたわけですが、案の定凄まじかったです。

行く前に思い描いていた、日本海を一望しながら穏やかに湯に浸かるというイメージからはだいぶかけ離れたもので、なにかチャレンジャーの旅レポのような状態でした。

しかしながらバスガイドさん曰く、アクシデントほど思い出に残るものらしいです。まあ、そうでしょうね・・・。

写真は以前どこかのガチャガチャで購入した手提げバッグでしたが、今回大いに役に立ちました。フェイスタオルと、クシと、ミニシャンプーセットが入って満杯になる程度のたいへん丁度よいサイズで、こういった観光での入浴場面にぴったりです。




自宅のテレビ用アンテナが老朽化で折れてしまい、屋根の上で無残に倒れていました。

普段からテレビ自体ほとんど見ないし、いざとなれば民放ならティーバーでも視聴できるから差し支えはないと思いきや、NHKだけは別だったことをすっかり忘れていてアワアワしてました。

朝ドラ、大河、映像の世紀と、ほかにも「正直不動産2」を楽しみに視聴していたもので、いろいろと非難されているNHKではあるものの、自分にとっては見ることが出来ないと困るチャンネルでございます。

旦那がNHKプラスに登録をしてくれまして、無事、正直不動産の最終回を見届けることが出来ました。これまた感謝感謝ですね。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2024年05月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
ギルドさんのプロフィール
性 別 女性
年 齢 36
地 域 青森県
系 統 普通系