基本的に選べない

タイトルは箱推しだから(血涙)


どこかで見た事ある松バトン


おそ松さんで妄想するバトンです。
故に、ありがちな内容(他と被っている可能性アリ)かもしれない。
しかし敢えてやるのが、
「どこかで見た事ある松バトン」である。

では、スタート!

(1)あなたの推し松は?

→2,5

(2)兄にするなら何松?

→全

(3)弟にするなら何松?

→全

(4)恋人にするなら何松?

→2,5

(5)友達にするなら何松?

→6

(6)添い寝するなら何松?

→3

(7)デートをするなら何松?

→2,6

(8)因みにデートの行き先は何処?

→材木は大体のことがちょうどいいバランスを保ってそう。行き先やルートもスマートかつ無難すぎない無難なものを選んでくれそう。ゆえにテーマパーク系やアウトドア系?
1は適当すぎる。3はち密すぎてメンドそう(例:高尾山)。4はテンパって脱糞されそう。困る。5は笑いすぎて引き付けを起こしそう。あと肉体的に疲れそう、ついてくのに全力で。はい全員好き。

(9)寄り道するならコンビニとオデン屋台どっちがいい?

→後者

(10)何松を養いますか?

→全。絞るなら推し。


以上です。


------------------
エムブロ!バトン倉庫
mblg.tv
------------------

微睡みが捜す時雨

めんどくさいバトン。


めんどくさいでしょうが、お暇なら是非♪




◆めんどくさがり?
はい

◆朝、起きるの、めんどくさいよね?
とても

◆朝の仕度で、一番めんどくさいのは?
メイク

◆学校や仕事に行くのって、めんどくさいよね?
とても

◆めんどくさくても行かなきゃならない時、どうやって気持ちをアゲル?
アゲない。行かないと食っていけないから行ってるだけ。

◆人と接するのがめんどくさい時ってあるよね?
はい

◆そんな時は、どうしてる?
やらなくていいときはやってない。やんないといけないとき(仕事とか)のときはしょうがなく接する

◆ご飯食べるのもめんどくさい時ってあるよね?
自分で作らないといけないときはね。まあだいたい自分で作らないといけないんだけど。

◆そういう時って、お風呂に入るのもめんどくさいよね?
とても

◆もう寝るのもめんどくさいよね?
それはない。寝るの好き

◆1日の中で、一番めんどくさいことって何?
起床ですね、間違いない。

◆じゃあこれから生きていく中で、一番めんどくさいことは?
関わりたくない人と関わること。これに尽きる。

◆めんどくさいけど、それなりに生きていかなきゃね?
おおむね人生楽しいので引き続きがんばります。 


------------------
エムブロ!バトン倉庫
mblg.tv
------------------

ぶつかってくるクソオス全員しね



駅とかでよくいるよね?
ぶつかってくるクソオス
私が屈強なラガーマンみたいなナリだったら、奴らはぶつかってくるか?
いやぶつかってこないばかりか避けるだろうな。

加害しても抵抗しなさそうなやつを狙ってくる、オス特有の(ミラーリング)陰湿さ、弱さ、卑怯さ。
本当に全員しね。
彼氏や男友達とかおじさん上司の隣で歩いてるとき、奴らはぶつかってこねぇよな。
所有者である男性様のご機嫌を損ねないようにしてんだよな。
クソオスはオス好きすぎだろwww
オス同士で一生愛し合っててくれよwwwwwwww
それかしね。

いいとこのお嬢様っぽいコーデにおとなし控えめブラウンメイク(ナチュラルメイクに見えるようなメイク)だったから余計にナメられたんだろうな。
体のライン出るような、強そうなニットワンピに強そうなメイクのときは「勝てなさそう」ってぶつかってこねぇもんな、あいつら。
ああいうテアイってどうせ学生時代カースト底辺の陰キャ非モテゴミオスじゃん?
カーストトップ感をかぎとって勝てねぇって避けんだろwww



ってこれ書いてたらマスクしてない独り言連発池沼オスが隣に座ってきて地獄

は〜〜〜害悪クソオス世界からその総量を減らせ

これは希望、そして絶望



思えば、確かに、自分が意図したとおりになっていたのだなぁ。
今この状態も、自分が望んだ、考えたものに近い。

勝手に一人で喜んで、悲しんで、悩んで、じたばたして、

なんて無駄な。
でも生きてる、ってかんじもするんだ。

でもつらいから、つらくて苦しいから。
そして私は自分の人生を自分でハンドリングしたいのだ。

ハローハロー、私が愛されていた世界へ 私が愛した世界より



憎い。

こんなにミソジニーにまみれたこの国が、システムが、憎い。

お前らのせいだ。
お前らのせいで。



でももう戻れないよ。

私は尊厳を取り戻した。
飼い慣らされて、目隠しをされた羊から、一人の人間に戻ったんだ。
こちらからそちら側に戻ることは、もうできない。
視覚を、聴覚を、心を殺すことはできない。

安い肥料を、それをありがたがるようにしつけられ、どこかクソだと疑いつつも享受してきた。
支配者が支配しやすくするためにこさえた基準に自分を照らして、自己否定や歪んだ肯定を繰り返してきた。
傷ついて、価値を感じられなくなって、自分を嫌いになっていった。

でもそんなものはクソの間違いだと気づかされた。

目が覚めて、真の茨と戦うことができるようになった。



何も知らず、自ら思考してるつもりで支配者の基準に踊らされ、自己否定し、それを再生産し、安い肥料だけを頼みに、表層だけを繕い生きていく。

そりゃ、考えないんだから、ある意味楽だよな。

でももうそこには戻れないんだ。
戻れないんだよ。
私は人として生きて、死にたいのだから。
<<prev next>>