スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

死ぬ気

すごく久しぶりな投稿。

働き出して10年が経った。

最近いろいろ思うことがある。

20歳から働き出した私は、なんにも分からず、ただ体力だけで『死ぬ気』で働いた。
忙しい時は終電で帰り始発で行った。
職場に泊まったこともあったな。

でも30歳を目前にそれほどまでの体力がない。
同棲を始めたこと、犬を飼い始めたことも、もしかしたら体力の限界値に関係があるのかもしれない。

働いていると、死ぬ気というのは、持っている人と持っていない人がいる。

私の個人的感覚だけど、上の世代は死ぬ気を持っている人、その価値観を持っている人がそれなりにいる気がする。

同世代、下の世代の人たちのソレは薄まっているような気もする。

ただ、ここにきて思うのは、働くのに『死ぬ気』は必要なのかなってこと。

そこまでしなくても、生活できる権利があってもいいんじゃないかなって。
もちろん責任感は重要。


死ぬ気がある人間とそうでないと人間が混在する社会。
死ぬくらいなら、病むくらいなら、そんな仕事、辞めてやれ、それもそう。

生きづらい。

たぶん私自身、体が蝕まれてるから、ナーバスになってるんだと思うけど。
元気になったら、今の想いは消えてしまいそうだけど。
なんとなく忘れたくないような気もしたから、今日書いておく。

笑わないで

いつものこと

ひとり舞い上がってたのが馬鹿みたい

誰かに謝りたい気分


いつものこといつものこと



だけど久しぶりに傷ついた

私は傷ついた




こんなことしてたら
いつか全部失ってしまう気さえする




でもいいの
大事なものだけ
大事にしていたい




わかってくれる人だけ
わかってくれてくれていればいい




私がバカなことは私が一番よく知ってる




久しぶりに荒れてるな、わたし








こんな日は寝るのがきっと正解だよね

いつものこと

たぶんいつものヤツだけど…
たぶん魔法にかかってるだけだけど…

刺激を受けるとこれからの人生に迷う


もう迷いたくない気もするし、でも先が見えちゃうのもつまらない気もするし、自分にとって何が幸せかって…

考えすぎなのかなぁ
そうだよなぁ

わかっちゃいるんだけど…

あぁ女の子と話したい




正解ってないんだよなぁ
あったら楽なのになぁ

いつものループだね

可愛い

綺麗事を書くつもりはないんだけど

可愛いって感情って素敵だと思う。

どんな形であれ
愛を注ぐことはできるのかもしれない

恋人、友達、家族、ペット、仕事仲間、仕事で関わる人

もしかしたら、ある人にとってはとっても憎い人かもしれない、怖い人かもしれない、それでも私にとっては可愛い人かもしれない

心と心、体と体が触れ合うこと
言葉を交わすこと
顔を合わせること
笑い合うこと

他人であってもできること
愛を伝え合うこと


最近の地球人に足りないこと

心の中

過去は過去
悔いるべきをほじくり返されても
それは過去の自分
背負っていくもの

だけど自分でしっかり消化したなら
気にする必要はない

だって誰になんと言われようと
しっかり向き合って消化したのだから
これ以上落ち込んでも
何も生まれない

でもひとつ
痛みを知った
すごく痛くてつらい痛みを知れた
人には強い人もいれば
弱い人もいる

みんなが強いわけじゃない

それを知れただけで
私は少し強くなれた

受け止めること

それを知ることができた


そんな私を弱いという人間もいるだろう
それならそれで構わない
私は弱い
だけどそれを受け入れて強くありたいと思っている人間であること


なんだか同じことばかり書いてる気もするけど、大事なことな気がするんだ



みんな、強くなりたい
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2021年06月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリー